購入する前に

ダイヤモンドの4つのCで変わる品質と価値

日本語で金剛石と呼ばれる4月生まれの方の誕生石ダイヤモンドは、地球上で最も硬い性質を持った天然の鉱物です。プレゼントや結婚・婚約指輪にも使われることの多いこの美しいダイヤモンドを購入する前に3つの要素「4c、性質、価値」を考えておくことが大切です。ダイヤモンドの価値を決めるのは次の4つのCです。その4つのCとは「カラット(キャラット)」、「カラー」、「クラリティ」、「カット」になります。「カラット」はダイヤモンドの重さをはかる基準となっているもので、カラットが大きくなればなるほど重くなります。

一般的にはカラット数が大きさを示すものと考えられることが多くなっていますが、正式には重さなのです。「カラー」はダイヤの色を示します。ダイヤはガラスのように透明なものを思い浮かべるかもしれませんが、実際には色がついているものがほとんどで、その品質や価値は透明に近ければ近いほど価値があり、黄色みがかかると価値が下がりますが、一定以上に黄色がかるとファンシーカラーと言われ、透明度基準とは別のグレードで価値が判断されます。

カラットのグレードは無色透明の場合、最上級のD,E,Fのグレードで完全な無色透明な状態、G,H,I,Jのグレードは無色な状態、K,L,Mのグレードは僅かな黄色がかった状態、N~Zのグレードは薄い黄色・黄色の状態などで分けられるのです。3つ目の「クラリティ」は透明度を表す基準で、キズ・欠け・包容物の有無やその大きさによって評価が変わり、それらの要素が少なく透明度が高ければ高いほど価値が有るのです。その基準は、最上級からFL,IF,WS,VS,SI,Iに分かれており、FLは10倍で拡大しても無傷、IFは10倍の拡大で表面に微小な欠点、WSは10倍の拡大で発見が困難な欠点、VSは10倍の拡大で発見が多少困難な欠点、SIは肉眼では困難だが10倍の拡大で容易に発見できる欠点、Iは肉眼でも発見できる欠点です。そして最後の「カット」は、ダイヤの形(プロポーション)です。

その形の良さを決める基準はダイヤの輝きであるため単に格好が良ければいい、というわけにはいかないのです。また、このカットは他の要素であるカラット・カラー・クラリティと違い人の手によって加工されるものであることから、カッティングする職人の技術や経験、美的感覚によって価値が変わることになります。誕生日プレゼントや結婚・婚約指輪に使われるダイヤモンドを選ぶ際には、この4Cにより品質が決まり価格が決まり、目的に応じて選ぶことが大切なのです。

PRサイト

永遠の輝きダイヤモンド高価買取比較サイトランキング

ダイヤモンド・金・プラチナ徹底比較サイト

高額査定の信頼できるダイヤモンド買取専門店