多面カットと輝き

ダイヤモンドの魅力はその輝きです

天然の中で一番硬い物質として有名なのは、ダイヤモンドになります。4月の誕生石としても有名ですし、婚約指輪になる場合には、定番となっていますし、もちろん通常の装飾品としても、人気の宝石になるのです。元々ダイヤモンドは炭素からできているのですが、その炭素同士の結びつきが、かなり理想的な形状になっているために、強度が増しているとされているのです。それが永遠の輝きにもつながることで、そのことが永遠の愛に例えることで、婚約指輪などに使われているのです。

さてこのダイヤモンドのその他の魅力としては、多面カットと輝きになるのです。これはもともと自然のダイヤモンドが、きれいな形で産出されることはなく、カットをする必要があり、その結果綺麗な多面カットが実現するのです。この多面カットが3つの効果をもたらすのです。まずはその輝きです。光がダイヤモンドに入るとその中で繰り返し反射して、外側に放出されることで、輝きが増すのです。そしてその際にプリズム効果が発生することにより、虹色の輝きが実現するのです。そうすると、ダイヤモンドを見た方が、その方の目の動きや光源の移動などで、光がキラキラとするような印象を受けるのです。こういった効果が元で、輝きが増すのです。

こうしたことから多面カットと輝きの関連性が認められて、今まで多くのカットが生まれてきたのです。そしてそのカットに対して、評価方法が確立されて、その結果から、価格が大きく変わってくるようになっているのです。もちろんこれには元々の宝石の色も関係することも忘れないようにすべきなのです。またダイヤモンドは合成されることでも有名です。この技術が確立されたのは、20世紀に入ってからになるのですが、宝飾品目的よりも、工業目的で利用されることが多いのです。そしてその特性から元々硬い物質に対する研磨用や切断用に使われることが多いのです。そしてその技術確立により、天然のものよりも価格が抑えられているのも、その特色のうちの一つです。

そしてその活用分野は半導体や音響機器まで広がってきているのです。また合成されたものを、宝飾品目的で販売することもありますが、天然のものと差別化を図るために、天然のものにシリアル番号を刻印するなどして、その価値を維持する試みも行われているのです。このようにダイヤモンドは多面カットと輝きにより、その価値が高まることがあるのですが、その利用範囲は広がってきているのです。

PRサイト

永遠の輝きダイヤモンド高価買取比較サイトランキング

ダイヤモンド・金・プラチナ徹底比較サイト

高額査定の信頼できるダイヤモンド買取専門店