ダイヤモンドも割れる?!

ダイヤモンドも割れる?!劈開性、衝撃には注意してください

ダイヤモンドは地球上に存在する鉱物の中でも最も硬い鉱物です。そんな硬いダイヤモンドを加工する時には同じ鉱物の粉末を利用します。ですから、それくらい硬い鉱物であると言えます。そんなダイヤモンドも割れる?!という事は意外と知られていないのではないでしょうか。 劈開性、衝撃には注意が必要です。劈開性と言いますのは、水平垂直方向に割れてしまうという性質です。そんな性質がありますので、取り扱う時には注意が必要であると言えます。そんな劈開性を利用した加工方法があります。

それは劈開加工という方法です。主にダイヤモンドを加工する時に用いられる技術です。加工するには、縦方向に割るという事が可能です。ですが、割り方にも注意が必要です。それは熟練した職人だから出来る技術であると言えるからです。 加工技術としてもダイヤモンドが持つ劈開性はいち早く着目されています。それぞれ、石が持つ個性によりどちらの方向に劈開性が働くのかを見極めるのも職人の技術であると言えます。平行方向に垂直に割る事が出来ますので、わざわざ裁断を行わなくても美しく水平に割る事が出来ます。天然の鉱物ですので、それぞれが持つダイヤモンドの個性を見極める事が大切であると言えます。

ですが、素人ではそういう仕組みを理解する事は難しいですので、お手持ちのジュエリーがありましたら、「劈開性、衝撃には注意」と覚えておくといいかもしれません。硬い鉱物と言いましても、こういう特性があるという事を知っておいてください。 原子、イオン、分子の結合によってつくられている天然の最も硬い鉱物ですが、その結合が弱い部分が存在します。その部分が劈開を起こす部分でもあります。そんな風な性質がある事が分かりますと、自然界に存在する生物はすべてにおいて完璧と呼べるものは何一つ存在しない事が分かるのではないでしょうか。全てのものは不完全であると言えます。完全を求める気持ちはありますが、何一つ完全と呼べるのは存在しないのです。

不完全だからこそ美しいと感じるのかもしれません。 あの地球上一硬いとされているダイヤモンドでさえも、衝撃には弱いという事実がありました。それを見つけたのは人類であると言えますが、探究する心は大切です。方向性を間違えないようにしたい所です。鉱物は自然の恵みです。そんな自然とうまく共存していきたいものです。ダイヤモンドですら最初は輝く事がない原石のまま眠っていました。それを磨き上げたのは人類の愛であると信じたい所です。

PRサイト

永遠の輝きダイヤモンド高価買取比較サイトランキング

ダイヤモンド・金・プラチナ徹底比較サイト

高額査定の信頼できるダイヤモンド買取専門店